取扱上の注意事項(二次電池)

安全確保のための取扱い上の禁止事項

リチウム二次電池(HB,MS,TS)は、有機溶媒など可燃性物質を内蔵しております。ご使用の際は次のことを必ず守ってください。

警告

  • 大電流・高電圧で充電しないで下さい。
    電流・高電圧で充電すると電池内の電解液が沸騰したり、ガスの発生で内部圧力が上昇したりして、二次電池を発火、発熱、漏液、破裂させるおそれがあります。
  • 火の中に入れたり加熱、分解しないで下さい。
    絶縁物などを破損させ、二次電池を発火、発熱、漏液、破裂させるおそれがあります。
  • 本体に直接はんだ付けをしないで下さい。
    熱により絶縁物を破損させたりして、二次電池を発火、発熱、漏液、破裂させるおそれがあります。
  • 二次電池の(+)と(-)を針金などで接続したり、またネックレスやヘアピンなどの金属製品と一緒に持ち運んだり、保管しないで下さい。
    二次電池がショート状態となり、過大電流が流れたりして、二次電池を発火、発熱、漏液、破裂させるおそれがあります。
  • 乳幼児の手の届く所に置かないで下さい。
    二次電池を乳幼児が飲み込むと危険です。 機器を設計する場合には、乳幼児が二次電池を取り出せない構造にしてください。 二次電池は乳幼児の手の届かないところに保管してください。 万一、飲み込んだ場合は、直ちに医師に相談してください。
  • 端子の溶接はしないで下さい。
    端子溶接による熱により、二次電池を発火、発熱、漏液、破裂させるおそれがあります。 弊社では、厳密に管理された条件の下で端子溶接を行っております。お客様での端子溶接が必要な場合、弊社まで必ずご相談ください。
  • (+)と(-)を逆にして使用しないで下さい。
    逆充電などで異常反応を起こしたりして、二次電池を発火、発熱漏液、破裂させるおそれがあります。
  • 強制放電しないで下さい。
    外部電源や他の電池により電池を強制放電すると電圧が0V以下(転極)になり、電池内部でガスが発生して膨張、発火、破裂、燃焼の原因となります。
  • 二次電池が漏液や、異臭がするときは、漏れた電解液に引火するおそれがありますの で、直ちに火気から遠ざけて下さい。
  • 二次電池を廃棄する場合及び保管する場合には、テープなどで絶縁して下さい。

注意

  • 二次電池の液が目に入ったときは目に障害を与えるおそれがありますのでこすらずにすぐ水道水などのきれいな水で充分に洗った後、直ちに医師の治療を受けて下さい。
  • 新しい二次電池と、一度使用した古い二次電池、種類の異なる電池などを混用しないで下さい。
    特性の違いから二次電池を発熱、漏液、破裂させるおそれがあります。
  • 2個もしくはそれ以上の電池を直列あるいは並列で接続する場合は、事前に弊社にご相談下さい。
    負荷バランスにより二次電池を破裂させるおそれがあります。
  • 直射日光の強い所や炎天下の車内などの高温の場所で使用、放置しないで下さい。
    二次電池を発熱、漏液、破裂させるおそれがあります。
  • 強い衝撃を与えたり、投げつけたりしないで下さい。
    二次電池を発熱、漏液、破裂させるおそれがあります。
  • 水などに濡らさないで下さい。
    二次電池を発熱させるおそれがあります。
  • 直射日光・高温・高湿の場所を避けて保管して下さい。
    二次電池を発熱させるおそれがあります。